生活費

夫に愛人がいて清算をして欲しいです〈円満調停〉。

 夫が愛人を作って家に戻ってこないものの円満な修復を求めたい気持ちも残っている場合、どのようにしたらよいのでしょうか。

 家庭裁判所は離婚だけではなく,夫婦間のわだかまりをなくして円満に暮らしていくことができるような調整もしてくれる機関であると「一応」されています。

 ですから、家庭裁判所に円満調停の申立をされるということが、お気持ちの実現あるいは整理に役立つかもしれません。

 円満調停については、私も成立させたことがありますが、お互いの相互理解が存在するかどうかがポイントのように思います。

 愛人との関係についてはこれを清算して、円満に別居するとの合意ができた場合に相手方に誓約をさせるという形式によって調停調書に記載をすることが多いと考えられます。

 もちろん調停外でも話し合いをする機会が同居の場合、多いでしょうから取り下げることもできます。

 もっとも,調整ができた場合は弁護士に委任して、公正証書などで早期に手続を整えるという方法もあるように思います。

 こうした円満調停に関するご相談も弁護士までお気軽にお問い合わせください。

お金に関するお悩み