生活費

別居時に資産が増えたら財産分与額はどうなりますか。

別居後に資産が増えたら財産分与の対象となるのですか。

精算の対象となる財産は「基準時」に存在する夫婦共同財産ということになります。さて、基準時はいつになるのか、夫婦共有財産はいつか、将来支給されるものはどうか、などの問題点があります。

 たしかに、別居していっても,預貯金は増えていくということが考えられます。

 この基準時ですが、財産の基準時は別居時と考えられています。なぜなら、夫婦の経済的協力関係が別居により終了するからです。

 しかし、不動産や有価証券は「評価」が必要です。

 この評価の基準時は、裁判時の時価で行いますので、最後の裁判の日ということになります。

 ですから、別居後に預貯金が増えてもその部分は、財産分与の対象にならないのが原則であると考えられます。

 弁護士にご相談をご希望の方は是非ご相談ください。

 

お金に関するお悩み