生活費

緊急の生活費・婚姻費用・養育費の確保はどうしたら?

 DV被害者が加害者の下を逃げ出す場合には、着の身着のままということが少なくありません。そこで、DV被害者のお悩みの一つが当面の生活費という点です。そこで、生活保護申請も考えられますが、次に家庭裁判所に婚姻費用の分担請求につき、緊急性が高いとして審判前の保全処分を申し立てるということが考えられます。

 解決に緊急性があることについては生活費の仮払いを命ずる審判前の保全処分活用を考えることができます。

 こうした案件では別居について双方の言い分が異なることが大変多いといえます。

 これに対して、相手方としては有責性や資産の持ち出しを主張するというようなことが考えられます。

 また、審判前の保全処分として仮差し押さえ、仮処分を求めることができます。家事事件手続法により、調停があれば審判前の保全処分を申し立てられることになりましたので、申立も増加することが予測されます。

お金に関するお悩み