慰謝料

離婚慰謝料の消滅時効

 離婚慰謝料については3年で時効となるといわれている、と聴かれていると想います。

 離婚慰謝料は、離婚が成立した時点から発生するので、消滅時効の起算点も離婚が成立したときとなります。

 もっとも、不貞行為など、離婚原因慰謝料を個別の不法行為として構成して請求する場合は不法行為の時点から進行しますので、不貞行為(不倫行為)の慰謝料請求権は消滅時効にかかりやすいといえます。

 時効は3年です。

 しかしながら、夫婦の一方が他方に対して有する権利については、婚姻解消の時から6ヶ月以内は、消滅時効が完成しないものと考えられています(民法159条)。したがって、3年以前の個別の不法行為についても、この6ヶ月以内に裁判上の請求を行えば請求する可能性があります。

 もっとも、消滅時効をとめるためには、この場合は直ちに裁判上の請求を行う必要があります。

 遅延損害金は、離婚慰謝料では離婚成立時から発生するものと考えられています。離婚原因慰謝料では訴状送達の翌日から、個別の不法行為として請求する場合は、不法行為時から進行するものと考えられています。

お金に関するお悩み