慰謝料

不貞行為の慰謝料請求はできますか。

配偶者の不貞相手については慰謝料請求が認められています。

この慰謝料は不法行為の一類型であり、通常の民事訴訟と同じものです。通常の民事訴訟による請求価格であるが、配偶者に対する離婚請求と併合し、家庭裁判所に請求することができます。

慰謝料額については、違法性や損害の程度によって異なり、相手方の年齢、資力、関係の発生、計尾z区政、夫婦関係が破たんに至ったか、未成熟しがいるのかどうかということを考慮されることになります。

慰謝料金額は100万円から300万円の間といわれています。

なお、離婚慰謝料とは、不真正連帯債務にあるので、慰謝料の二重取りはできないことになっています、ですから、一つの慰謝料の最大化を図る戦術をとるのがベストであるといれうでしょう。

不貞慰謝料については示談交渉が得意な不貞慰謝料専門のんご相談ください、                                                                                                                               名古屋の弁護士・服部とお問い合わせください。

お金に関するお悩み