慰謝料

夫が家出して生死不明の場合、離婚できますか

夫が家出して生死不明の場合、離婚できますか

シュシュ:

夫が突然家出をして4年経過しました。一切の消息が不明なのですが離婚できますか。

弁護士:

生死が3年以上明らかでなければ離婚できます。もっとも、婚姻期間が短い場合はそれ以前でも「悪意の遺棄」や「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があります。その判断は専門的になりますので法律の専門家に相談されると良いでしょう。

 民法においては、「配偶者の生死が3年以上明らかでないとき」は離婚原因になります。この「3年以上の生死不明」とは、3年以上生存も死亡も確認できない状態が現在も引き続いていることです。生死不明の原因は問われません。

シュシュ:例えば、航海士の人が船に乗って3年帰ってこなかったというのは?

弁護士:連絡がとれていれば生死不明というわけではありませんが、事故などが生じて連絡がとれなくなってしまったらやはり離婚原因になり得ます。

 したがって、夫が家出した後に夫が生存していることを確認したことがある場合には離婚原因とはなりませんが、生存も死亡も一切の消息が確認できていない場合には、夫の家出から4年が経過しているなら「配偶者の生死が3年以上明らかでないとき」にあたり、離婚原因となり、離婚することができます。

 もっとも、最近は、この事由と「婚姻を継続し難い重大な事由」の双方を主張するケースが多いと思います。つまり警察は所在を把握しているが当事者には教えられないということがあるのです。特に免許証の更新の場合などが挙げられます。

 ただ、こういう場合でも警察が知っていても夫婦共同生活の平和が乱されているわけですから、離婚原因にはなり得るのです。なおこうした離婚原因の場合、慰謝料を請求できるかは認める裁判所とそうでない裁判所があります。例えば船の事故のケースでは慰謝料を認めるのは酷でしょうし、どうも不貞相手と住んでいるという可能性が高いという場合は慰謝料を認めても良いのではないかとも思われるからです。

 

お金に関するお悩み