慰謝料

慰謝料はどのようなときに認められますか。

 慰謝料については、配偶者の不貞行為、暴力、犯罪、悪意の遺棄、お金を入れない、性交渉拒否、性的不能の場合に発生すると考えられています。

 もっとも,性的な問題については最近は慰謝料の対象とならないという考え方も出てきていると考えられます。

 慰謝料についてですが、離婚原因として最も多い性格の不一致の場合には、不法行為として認められるのは難しいと考えられます。

 慰謝料額の算定については、個別的に生じた精神的苦痛と配偶者の地位を失う精神的苦痛が総合的に考慮されます。

 こうした点は、ご相談でご案内しております。

 逆に、加害行為の証拠がなかなかない場合、互いに不法行為がある場合、既に十分な慰謝料をもらっている場合、加害行為と婚姻破綻に因果関係がない場合については慰謝料が認められない確率が高まります。

 こうした点を踏まえて、弁護士をパートナーとして、精神的苦痛を慰藉するための金員であるから,慰謝料を請求する被害者が加害者の行為によっていかに精神的苦痛を受けたかを証拠により主張立証することが必要となります。

 離婚慰謝料についてのご相談は、名古屋の弁護士までお気軽にご相談ください。

お金に関するお悩み