慰謝料

慰謝料の相場は

慰謝料については、基本的には不貞と暴力の場合に発生するものと考えると良いと思います。

この場合は、相手方配偶者に加えて、浮気の場合は不貞行為の相手方にも裁判を提起することができます。

慰謝料請求額の平均は?

慰謝料の相場というのは、相手方からの「慰謝料」という相場は明確ではありません。というのも、離婚の場合は財産分与も含めた「離婚給付」という名目でまとめられてしまうことが多いからです。

司法統計によりますと、概ね調停の場合の支払金額は50万円以上400万円以下に収まるケースが多く、支払の平均は380万円とされています。これは財産分与を含む金額で慰謝料のみを切り出すと100万円から200万円の振れ幅の中にあることが多いのではないかと思います。

また、人事訴訟における慰謝料請求額の平均は約190万円であるといわれていますが、慰謝料が認められないケースも3割を超えています。

慰謝料の請求額について

浮気の相手方にも慰謝料を請求することができます。例えば、結婚していることを知っているのに浮気をして肉体関係を持ってしまった場合です。

不貞行為の慰謝料額は数十万円から数百万円と幅が広く、100万円から300万円の間において、不貞行為の回数、期間、程度、不貞行為の相手方の関与の程度、不貞行為以外の離婚原因があるかなどによって判断されます。

裁判例を分析しますと最低額は80万円程度、最高額は600万円程度、平均は210万円程度とされています。請求の相手方が男性、つまり妻が浮気をした場合は慰謝料が下がり、その逆相手方が女性、つまり夫が浮気をした場合は慰謝料が上がるという傾向がみられます。なお、結婚生活が続いている場合は140万円程度の裁判例が存在しています。

もっとも、こうした訴訟においても個別性が存在しておりますので、事案によっては請求金額を増えることがあるかもしれませんし、請求された場合でも請求をゼロにすることができる場合があります。一度、弁護士にご相談ください。

お金に関するお悩み