慰謝料

夫の愛人に不貞の慰藉料請求することはできますか。

 不貞行為は離婚原因になっているくらいですから不貞行為を構成します。そして,慰藉料請求をすることができるものとされています。慰藉料請求をどのようにしたらよいか分からずお悩みの方はご相談ください。

 最判昭和54年3月30日は,一夫多妻制のように,両名が自然の愛情を生じたならば不貞行為は不法行為とならない,との主張を排斥し,「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は,故意又は過失がある限り,・・・誘惑・・・自然の愛情・・・かどうかにかかわらず、他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰藉すべき義務がある」としています。

 もっとも,実は家族法学者は,不貞行為に慰藉料は発生しないという主張が,一種のドグマとなって主張されています。一種の政策論なのですが,理由としては自由恋愛であるのに,本当に愛し合っているのに第三者に対する不法行為になることがおかしい,あるいは,不貞の慰藉料請求により夫婦間の紛争性が高まることを懸念して,請求権を否定すべきという考え方が古くから主張されてきました。

 この主張は,最判平成8年3月26日に一部取り入れられ,婚姻関係の破綻後は慰藉料請求をすることができなくなりました。つまり,慰藉料請求をするのは,婚姻関係が破綻していない間の部分に限られますし,破綻後は時効の進行もすることになりますから,慰藉料請求を「しにくくする」仕組みを導入したといえます。

 このような判例があることから,不貞の慰藉料請求は迅速に解決することが望ましいといえます。

お金に関するお悩み