慰謝料

慰藉料の算定はどうされるのですか。

 慰藉料の算定については,相手方配偶者に離婚原因としての個別的有責性が認められる場合や,婚姻関係破綻について有責性が認められる場合は,慰藉料請求が認められるということになります。慰藉料の金額は,有責行為の態様(主に,不倫,暴力です)や程度,破綻に至る経緯等様々な事情を考慮して定められることになります。

 特に離婚慰藉料については,離婚原因となった不倫などの個別的有責行為によって精神的苦痛を被ったことに対する慰藉料,相手方の有責な行為によって離婚をさせられた精神的苦痛に対する慰藉料の2つがあると整理されております。

 一般的には,個々の有責行為や離婚そのものにより,請求者の受ける苦痛が大きければ,認められる慰藉料の金額は高くなるかと思います。

 裁判例上は,不貞,暴力、悪意の遺棄等の個々の離婚原因たる有責行為の存否,その態様や程度,婚姻関係破綻に対する責任の存否,大小のほか,年齢,婚姻期間,同居・別居の期間,婚姻費用の負担状況,職業,離婚にうける経済的不利益,婚外子の存在など様々な事情が考慮されています。

 大手の法律事務所がいうような門切り型の判断がなされているわけではございません。
 当事務所では,こうした慰藉料請求でも丁寧に聴き取りをさせていただき,後悔しないご離婚のお手伝いをすることで,お客様の正当な法律上の権利の擁護に貢献いたします。

お金に関するお悩み