慰謝料

DVと慰藉料

DVと慰藉料DV

協議離婚や調停離婚の場合は、慰藉料について相手と合意した金額となりますから、相場はありません。

 ただし、裁判離婚の場合は、判決で慰藉料額が算定されるということになります。
 主に、婚姻期間、離婚原因、相手の収入などが考慮されます。高額な慰藉料は稀なケースが多いといえます。

 なお、DVがある場合については、比較的高めの慰藉料が認められるケースもありますが、これは証明が必要である、ということが大事です。

 夫の暴力により妻がPTSDになってしまった、子どもにも精神的な後遺症が残ったという事例では高額な離婚給付(慰藉料800万円)が認められたケースもあります。もっとも、この事例は、深刻なDVの事案であったと評価することができます。
 

お金に関するお悩み