お金に関するお悩み

退職金の既払いの場合の算定方法はどうなりますか。

 熟年離婚をご検討されている場合は、退職金が既に支払われていることもあるかと思います。  しかし、退職金が預金に変わっても、退職金は退職金となります。つまり労働の事後的対価としての性格があるとされており、配偶者の協力があったものとして財産分与の対象となります。  戦術的には、預金となると隠匿がしやすくなりますので弁護士に一刻も早くご相談されることをおすすめいたしますが、基本は退職金は現在の資産として清算対象となります。  離婚までに別居期間があり、その間は退職金に貢献がない、という主張が出ることもあります。この場合は退職金の維持形成に寄与した同居期間に対応する部分のみに限定するというのが裁判例です。  計算式は、  分与額=退職金額×(同居期間÷労働期間)×寄与度  となっております。  既払いの退職金についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

に関するお悩み