お金に関するお悩み

名古屋高裁金沢支部平成28年4月11日平成28年(ラ)第33号

名古屋高裁金沢支部は面会交流でいくつかのポイントを指摘していますので参考になります。 ・監護親も面会交流の実施そのものには反対していないし、日時等の連絡調整に伴う精神的負担を甘受せざるを得ないことは、監護親である以上、誠にやむを得ないことである。また、監護親と非監護親との確執は、子の福祉とは別個の問題であり、切り離して考えるべき事柄である。 ・非監護親の批判はこどもには向けられていないこと ・漠然とした不安感は、成功実績を積み上げて不安の解消を図るほかないのであって、過去の問題行動を指弾しても有益な結果を生むとは認め難い。 以上の点です。 このように受渡しについては、究極的には受渡しに伴う精神的負担については、通常甘受すべき程度の負担にとどまるとの判断ですので、これを論拠に面会交流拒否の理由にはできません。 また、監護親や訴訟代理人に対する批判も、こどもに向けられていない以上は関係がない。 さらに、縷々の不安も実績を積み重ねて解消を図るしかない とのアプローチを呈示していることが注目されます。

に関するお悩み