再婚

相手方が行方不明者の場合、裁判離婚しか方法はありません。なので、特に3年にこだわらず弁護士に相談されることをおすすめいたします。

 民法では3年の行方不明が離婚事由になっていますが、婚姻期間によっては1~2年でも「婚姻を継続し難い重大な事由」の5号事由にあたることがあります。相手方が行方不明者の場合、裁判離婚しか方法はありません。なので、特に3年にこだわらず弁護士に相談されることをおすすめいたします。

結局は、浮気のケースがほとんど

 行方不明といっても、配偶者やこどもの前に現れることができない理由は、ほぼ不倫一択と考えてよいように思われます。最近では妻が家族を捨てて愛人を暮らし、2年の除斥期間ぎりぎりに財産分与調停を申し立てるケースが増えています。

 問題としては、第一に、行方不明者と離婚する場合は裁判離婚で、公示送達という仕組みを使うこと、第二に財産分与の時効直前の2年前に突然財産分与調停を申し立てられるというケースが少なくないことです。

 書物では「悪意の遺棄」という2号原因の主張をいうものもありますが、実際は、私の経験上不倫していることがほとんどです。ゆえに、1号で離婚できないか、トライしてみることも将来につながりますので大事です。

 たしかに世の中には失踪宣告という手続もありますが、多くは「駆け落ち」案件であることをみると、そこまで待つのか否か、離婚に取扱件数の多い弁護士と協議をした方がよいように思われます。ただ、行方不明といっても自動車運転免許の更新の場面には現れるのが普通ですし、悪意の遺棄はもちろん不倫の証拠を集めておくことも重要です。

熟年離婚に関するお悩み