外国人との離婚

私は日本人の夫と結婚して日本に住んでいます。夫からは離婚を求められています。私のビザはどうなるでしょうか。

Q 私は日本人の夫と結婚して日本に住んでいます。夫からは離婚を求められています。私のビザはどうなるでしょうか。

 

1 原則として、日本人と結婚している外国人には「日本人の配偶者」ビザが認められるのです。

  もっとも、入管法22条の4第1項7号では、配偶者の身分を有する物としての活動を継続して6か月以上行わない場合は取り消すことができるようになりました。明晰にいうと、別居後6か月を経過すると取消しの対象になるということです。ただし離婚調停や離婚訴訟中の場合は正当な理由があるとされており除外事由にされています。なお、離婚係争中に在留期間が経過する場合には、「日本人の配偶者」ビザの更新が不許可になる可能性があります、更新が認められない場合でも弁護士に相談するなどして、再度入管と交渉をする余地はあります。

2 離婚が成立した場合については、別のビザが必要になります。相当長期の場合は、永住者又は定住者への変更が考えられます。

3 元夫とのこどもに未成年・未婚のこどもがいる場合に、離婚後引き取って育てる場合は、日本人の実子を扶養する外国人の親の取り扱いについてという通達により、親権、監護養育していることが確認できれば1年の定住者ビザがおりる可能性があります。なお、非嫡出子の場合は認知が必要となります。

熟年離婚に関するお悩み