外国人との離婚

結婚と在留資格

外国人が日本人と婚姻届を出しただけで、在留資格を自動的に得られるわけではありません。

日本人の配偶者は在留資格の一つですが、在留資格の取得の申請をする必要があり、その審査手続きにおいては偽装結婚による在留資格の取得を防止する必要があります。

そこで二人で移っている写真、交際歴を証明する資料を提出したり、実地調査がされる場合があります。

在留期間は1年又は3年ですので更新しなければ不法滞在になってしまいます。

不法滞在の場合、在留特別許可を求める制度があります。この許可は婚姻関係があることが十分考慮されるとされています。

熟年離婚に関するお悩み