熟年離婚でお悩み

別居への準備-離活

 突然別居してから離婚活動をなされる方がいます。しかし、別居してしまうと自宅にももう帰れないということになります。  まずは、財産分与を行う前提として、夫婦の財産の全容を把握しておく必要があります。  財産分与については、相手方が正しくすべての財産を開示することは稀といえるかもしれません。  前もって相手名義の財産をある程度は把握しておかないといけません。  特に、離婚まで妻にすべてを任せており、家計がさっぱり分からない、という人もいます。  このような場合、銀行の支店が分からず保険をかけていた、株取引があるといった隠れた財産は調停では取り上げられません。  そこで預貯金については、通帳を探し出して、その内容を写真で撮っておく、コピーする、カメラでとっておくということが重要です。  支店名や口座番号まで押さえておきましょう。  離婚訴訟においては、相手方名義の預貯金口座を把握しておくことが必要となるのです。  生命保険については、保険証書、預貯金通帳からの引き落としなどから判明することがあります。  株式や投資信託については、郵便物がその証拠となる場合もあります。  住宅ローンがある場合は、その内容も確認することになります。妻が連帯保証人となっていないかどうかなど、また、ローンの現在残高はとても大事です。   

に関するお悩み