名古屋、愛知三河の弁護士へ離婚相談…ハードルや敷居が高いと思っていませんか?

 

「離婚したいけれど、弁護士は何となくハードルが高い」

 

世の中にはこのように感じている方がとても多いのが現状です。

 

ただ実際に弁護士に相談してみると

 

「意外と親身になってくれる」

「こんなに心配する必要はなかった」

「もっと早く相談していればよかった」

 「女性でも相談しやすかった」

などと思う方がたくさんおられます。

 

当事務所でも普段から多数の離婚相談をお受けしていますが、みなさまこのようにおっしゃいます。

 

今、離婚問題を抱えていて「弁護士に相談してみたいけれど勇気が出ない」方は、ぜひ1歩踏み出してみてください。

1人で抱え込んでいても、なかなか解決にはつながりません。後悔のないご離婚を実現するために、弁護士に相談することをおすすめいたします。

 

専門家のアドバイスやサポートを受けながら、スムーズに離婚へ向けて進めていきましょう。

 

1.離婚で弁護士に相談するメリット

離婚するとき、弁護士に相談すると以下のようなメリットがあります。

1-1.正しい方向性を定められる

離婚は結婚よりも何倍も大変な作業といわれます。

相手が離婚に応じなければ、説得しなければなりません。

財産分与、慰謝料、親権、養育費など決めるべき事項もたくさんあります。

離婚後の生活についても考えておかねばならないでしょう。

例えば、とりあえず離婚した場合において、その他、慰謝料、財産分与についてお話合いが難しくなってしまうというケースもないわけではありません。

1人では何から手をつけてよいのかすら、わからない方がほとんどです。

最近ではネット上にさまざまな情報が溢れており、調停で間違った内容を信じてしまったり混乱してしまったりして不成立になり、こじらせてしまう方も少なくありません。

 

弁護士に相談すれば、状況に応じた適切なアドバイスをもらえます。

今後進むべき方向性を定められて安心できますし、間違った方向へ進む危険もありません。有利に離婚できる可能性が高まるでしょう。

 

多くの弁護士の先生から、感想で聴くのは、最初ご相談いただいた場合は、問題が少なくこの程度の費用ですと伝えた後、自ら案件を処理しようとして、解決が不可能になったり、問題をこじらせてしまうということです。このような場合をしばしばみるため、弁護士としては、気軽にご相談や依頼についてご検討して欲しいと考えているのかもしれません。

 

1-2.手続きを任せられる

離婚の際にはいろいろな作業が必要になるものです。

相手との交渉、離婚条件の設定、合意書などの書面作成、公正証書作成の手続き。

離婚調停になれば裁判所とのやりとりや出廷もしなければなりません。

1人ですべてに対応するのは大変です。特に普段忙しくしている方は、労力や時間をかけられないことも多いでしょう。

弁護士に依頼すれば、こうした作業を全面的に任せられたれたり役割分担ができたりするので時間や労力の節約になります。手間を省けてスピーディに対応できるでしょう。

 

1-3.精神的に楽になる

離婚問題を1人で抱え込むと、多大な精神的負担がかかります。相手と話し合うのに苦痛を感じる方も多いでしょう。

弁護士を代理人に立てればすべてのやり取りを弁護士に任せられるので、気分的に楽になるものです。仕事や家事育児など、自分のやるべきことに集中して取り組めるようになるメリットがあります。

特に、離婚に関して、調停や話合いの精神的ストレスについて、解決を含めてカウンセリングができるのは弁護士しか結局いないのではないかと思います。

親や兄弟に気軽に相談ができるわけではありませんし、精神的に楽になるということは大事なことではないかと思います。

 

2.離婚相談…気になる弁護士費用は?

「弁護士はハードルが高い」と感じる理由に「弁護士費用」の問題があります。

「弁護士には高額な費用がかかるので、とてもじゃないけれど依頼できない」と考えてしまう方が多いのです。

 

確かに弁護士費用は安い金額とはいえないでしょう。ただ、当事務所は分割や資力に問題がない方向けへ、「クレジットカード払い」にも対応しております。

ただ法テラスにおいては、養育費も報酬算定の基準となりますので、法テラスなら一概に安いということになりませんし、安かろう悪かろうでは困るという方が多いのも当然です。

事務所によっても大きく金額が異なりますし、得られるメリットと比べれば決して高いといえないケースが多いのです。

 

2-1.弁護士費用の種類や相場

  • 法律相談料

弁護士に相談したときに発生する費用です。相場は305,000円程度です。

  • 着手金

弁護士に協議離婚の交渉や離婚調停、訴訟などを依頼したときに発生する費用です。

依頼する内容によっても異なりますが、協議なら1020万円程度、調停や訴訟なら3040万円程度となるケースが多いでしょう。

  • 報酬金

報酬金は離婚が成立したときに発生する費用です。

3040万円が基準となりますが、慰謝料や財産分与を獲得できた際などには金額が上がる可能性があります。

  • 日当

遠方の裁判所への出頭が必要になった場合などには、1日あたり35万円程度の日当(出張手当)が必要になる可能性があります。

 

上記以外に「実費」もかかります。実費とは、裁判所へ支払う印紙代や郵便切手代などの「実際に必要になる金額」です。

弁護士の懐に入るお金ではなく本人が自分で対応したときにもかかるので、厳密な意味での弁護士費用とは異なります。

ただし弁護士に依頼すると同時に実費を払わねばならないので、一般的には実費も弁護士費用の一種と考えられています。

 

2-2.弁護士費用の総額はいくら?

実際に弁護士に離婚を依頼した場合、総額でいくらになるのでしょうか?

 

ケースによって大きく異なります。協議離婚で解決したときには2050万円程度となる例が多いでしょう。慰謝料、財産分与などを獲得できればもっと高額になる可能性もあります。

調停、訴訟へと手続きが進むとより高額になるケースが多くなるでしょう

 

2-3.弁護士費用以上のメリットはあるのか

弁護士費用は数十万円単位になりますし、ときには100万円以上にもなります。

そんな費用を払っても依頼するメリットはあるのでしょうか?

 

結論的には「あるケースが多い」といえます。

 

経済的利益が大きくなる

弁護士をつければ、自分で交渉、調停するより高額なお金を獲得できる可能性が高くなります。たとえば自分で交渉すると100万円しか受け取れないところ、弁護士をつけて300万円受け取れれば、弁護士費用を払っても手残りは高額になるでしょう。

 

自分では実現できない離婚が可能となる

弁護士をつけることにより「離婚が可能」となるケースも多々あります。相手が頑なに離婚を拒絶している場合、DV案件など1人で手続きを進められない場合、訴訟が必要なケースなどです。

DVやモラハラ案件では、当事者の認識が真っ向から異なることからも、弁護士が必要な類型かもしれません。

そもそも弁護士がいなければ離婚できないのですから、弁護士費用を払っても離婚を実現する価値は高いといえるでしょう。

 

親権を獲得しやすくなる

弁護士をつけることで親権を獲得できるケースも少なくありません。

当然のことながら、子どもにはいくらのお金を積んでも換えられない価値があります。

どんなに高額な弁護士費用を払っても、親権をとれるならかまわないという方も多いのではないでしょうか?

 

大きく手間を省けて精神的負担を軽くできるメリットもあります。

以上のようなことを考えると、弁護士費用はあながち高いとはいえません。

 

2-4.名古屋ヒラソル法理鬱事務所の「あんしん弁護士費用」

加えて、当事務所ではみなさまに利用していただきやすいように「あんしん弁護士費用」の費用体系としています。

  • 初回の離婚相談は60分無料

離婚のご相談は、初回60分無料でお伺いしています。お悩みがある方は、一度専門家へ相談してみてください。

  • 訴訟になっても追加料金は調停との差額のみ

調停から引き続いて訴訟をご依頼いただく場合、発生するのは「調停と訴訟の差額のみ」です。調停段階から依頼しても、費用が上がりません。

 

当事務所では、離婚案件では調停で弁護士がついてスムーズに話し合いを成立させることが、当事者の利益になると考えています。調停で気軽に弁護士をつけていただけるよう、こういった費用体系を採用させていただいています。

 

3.離婚では弁護士選びが重要

離婚で弁護士を依頼するときには「誰を選ぶか」が非常に重要です。弁護士だからといって全員が離婚案件に積極的に取り組んでいるとは限りません。離婚案件をほとんど扱っていない弁護士もいます。ときには「ハードルが高い」というイメージ通り、冷たい対応をされてしまうケースもあるでしょう。

そうではなく「親身になってくれる」「有利に解決してくれる」「知識経験が豊富で対応スキルの高い」弁護士を選ぶべきです。

 

また弁護士費用と弁護士のスキルは、必ずしも連動しません。高額だからといって良い弁護士とは限らないので注意しましょう。

 

弁護士との相性も重要です。まずは相談を受けてみて「話しやすい」「印象がよい」と感じられる人に依頼するようお勧めします。

 

弁護士への依頼を検討中の方は、まずは気になる弁護士事務所へ問合せをして相談してみてください。事務所の雰囲気や弁護士の人柄、コミュニケーションの円滑さなどを確認し、弁護士費用について見積もりを出してもらいましょう。その上で「この弁護士なら重要な離婚問題を任せてもかまわない」と信頼できる人を選定すれば、後悔する可能性が低くなります。

 

当事務所では設立以来、離婚案件に積極的に取り組み続けています。養育費や面会交流等の子どもの問題や財産分与に強みを発揮します。面会交流については、電子書籍も出版しています。当事務所の弁護士とは、初回60分無料でお話しさせていただきますので、名古屋、愛知三河、安城などで離婚を考えている方は、お気軽にお問い合わせください。(安城での出張相談も承ります。)