離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 親権に関すること > 宿泊付面会交流の理論的基礎

今日、とある支部長裁判官との「宿泊面会交流」の議論が出たが、日本ではルーティンとしての宿泊は当事者の合意が重要であることを意識する必要がある。もっとも、近時は、宿泊付の面会交流が増加しているという印象がある。やはり、就寝の際にアタッチメントが深まるという社会通念は確立されてきているように思われます。

別居した又は離婚した場合の家庭の幼児は、特に夜は母親と過ごしているという実証的研究があります。これは愛着理論とも合うものです。

しかし、2001年の研究では、年少の子でも複数の安定した愛着を形成でき、スケジュールが不規則ではなく(2004年の臨床的研究)、両親のどちらにも思いやりがあり愛情に満ちている限り、両親のどちらにも定期的に交流を持つことが必要との臨床的研究があります(2004年)。非常に幼い子の宿泊面会についても、有害との立証はなかったとされています(2004年)。

愛着という観点からも、何歳の子が非監護親と夜を過ごすと愛着(アタッチメント)に欠けることがないか、年齢や段階に応じた検討は必要ですが実証的研究からわかるように、宿泊付面会が直ちにこどもの負担を増すという客観的研究はあまりないようです。もっとも、こどもの安定性は自動車で1時間の距離内にないと次第に薄れていくと考えられています。(120キロ、1992年の研究)

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中村区名駅5-6-18-4 弁護士伊藤勇人(愛知県弁護士会) TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所