離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 親権に関すること > 面会交流の実施要領で間接強制ができる場合、どのように拒めますか。

最近の名古屋高裁管轄の間接強制の実情をみてみます。

一般的には、大阪高裁平成15年3月25日家月56巻2号158頁は、「請求異議事由」として主張するにとどまるとしています。

この場合ですが、権利義務を形成するのはあくまで本案の審判ですから執行で争うことはできません。

そこで、基本的には面会交流を命じた審判後の事情の変更によって面会交流を行うことが子の最善の利益を害することになったということで本案自体を変更するという必要が出てきます。

すなわち、間接強制の申出がなされた場合、現実にはお子さまが嫌がられているということが多いと思います。そこで禁止の審判を申し出て本案の内容の変更をしたうえで、本案が変更されていることを「請求異議事由」にすべきとの考え方が主流のように思われます。

子の面会拒絶が、それをもって審判時と異なる状況といえるとき、新たな調停や審判の理由になるとしています。

そして、子の拒絶意思は請求異議事由になるかどうかですが、時的制限は受けないものと解されている。

審判時と異なる状況というのは事情変更ということになりますが、面会交流については、その時々によって流動性を有するものであります。

例えば、子の拒絶意思は、調停、審判時における客観的状況と同列には論じられない。

具体的には、以下の決定があります。

「後行審判の抗告審である名古屋高等裁判所は・・・審判を変更して,本件調停条項を本決定書別紙面会交流要領のとおりに改めた・・・(減らしたもの)
 上記認定事実によると、平成27年6月以降現在までの、未成年者らと債権者らとの面会交流の全部又は一部の不履行については、・・・未成年者の拒絶によるもの・・・正当な理由があったものということができるから、間接強制によってそれらの履行が強制されるべきものではないことは明らかであり、今後についても同様であるということができる。」

これは、名古屋高裁平成28年9月16日ですが、子の意向が、請求異議事由であるとか、執行抗告事由になることを認めたものと考えられます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所