離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 親権に関すること > 人の記憶と調査官調査

最近、子の監護者の指定などは7歳から10歳程度が「子の心情」「子の意向」の調査対象になっていると思います。

しかし、面会交流の場合は、調整の方向性を決めるためか、5歳の少年にもストレートに聴いてしまっている例が散見されます。

もっとも、みなさんは、記憶っていつまでさかのぼれるでしょうか。私は、6歳くらいまでさかのぼることができますが、研究では3歳程度とされているのですが、記憶内容の説明能力という点からすると、学童期前半、つまり5歳以降のこどもでも後期の子どもほどには説明能力が発達しないといえます。

そして被暗示性の研究があります。洗脳といわれるものですが、他者からの働きかけによる子の思い込みについての研究です。

これは意図的・非意図的なものから認知や記憶への影響の受けやすさを示すものといえます。被暗示性とは、他者から得られた情報を自分の体験と思い込んでしまう傾向性があります。

もちろん大人にも被暗示性が強い人はいますが、一般的にこどもは、被暗示性が高いと考えられています。つまり認知的な要因及び対人的な要因で被暗示性が高まるものと考えられています。

したがって、年少児、特に会話ができるという意味では5歳くらいがもっとも暗示されやすいということができるかと思います。3歳から4歳の子は間違ったインタビューに対する影響を受けますが、7歳になってくると、間違ったインタビューに対する抵抗性が出てくるものと考えられています。

すなわち、「4、5歳児では難しくても6歳児であれば、ある程度、自分の言葉で体験を語ることができる」とされています。そして、6歳児は情報源の区別が可能であり、少なくとも分別やモラル的な判断はできるということになります。しかし、1993年の研究では、11歳でも被暗示性があるとされており、5歳前後の少年の場合、被暗示性は高いものと考えなくてはいけません。

すなわち、周囲からの影響を受けやすく、表出する意思をそのまま真実と評価することには危険があることを示しています。しかし、誤導のない調査といってもそのプロセスは可視化されていませんから、誘導的な面接も多く、これに子の意向の尊重も結びついており、今後は、平成20年代初頭にみられた面会交流原則実施説の揺り戻しが起こるであろうと考えられます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所