離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 親権に関すること > 親権・監護権―アメリカの主たる養育者基準

こどもの監護をめぐる父母間の紛争の場合、主たる養育者基準がアメリカで用いられるようになっています。

日本においても,一部の裁判例では主たる監護者基準として参照しているものもみられます。

このアメリカ理論では,主たる養育者が監護権を有するという推定が働くというのが特徴です。

主たる養育者に監護されることにより、一方の親との落ち着いた家庭から幼い子を引き離すことは,子の情緒的成長を阻む要因となる、こどもの心理的ニーズを満たす親が継続して存在することは,子の情緒的成長にとって重要であること,などが論拠とされています。

もっとも,主たる養育者基準というのは、性中立的基準ですが多くは母親にあてはめられる因子が多いことから幼年理論(母子優先の原則)に近いとの指摘がなされています。

そして,本件のように,父母がこどもの世話を平等に分担していた場合を想定し,この場合には推定の効力は及ばない、とされています。

この点,平等で優劣がつかない場合には,親としての能力が比較衡量されるものとされています。

具体的に,アメリカ理論は10のことを挙げています。

1 食事の支度をして、計画を立てる
2 入浴をさせ、身なりを整えさせ着替えをさせる
3 衣服を購入し、洗濯をして手入れをする
4 医療を施す。看病をしたり医者へ連れて行くことも含む。
5 学校が終わった後の遊び仲間との付き合いの手はずを整える。
6 他人、ベビーシッターなど世話を頼む手はずを整える。
7 ベッドに寝かしつけ,様子をみにいく、朝起こす
8 しつけをする、マナー一般を教え、排せつのしつけをする。
9 教育する。社会・文化などの諸側面において教育をする。
10 基本的な技能を身に付けさす。すなわち,読み書き計算を教える。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所