離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚の手続き・流れについて > 男性についての離婚協議

男性についての離婚は、それこそ「清算」といえる意味合いが非常に強いといえます。

男性の離婚は、独身時代の自由を取り戻せるといったものや再婚へのステップを切れるというものです。

男性の離婚の場合、自分の原因がない場合でも離婚による清算からは逃れられないというケースが少なくありません。

特に女性の側に離婚原因があったとしても、実際の離婚問題では慰謝料の額よりも財産分与の額の方が多くなるケースがあります。

そうすると、加算調整を重ねていくと、結局、夫が妻に離婚給付をするという形で決着をしないといけません。

資産形成の主軸は男性が担っていますから、離婚の財産分与では、なかなか痛い目をみるのは男性ということができます。

今般、裁判所では、離婚に伴う慰謝料といって、離婚を余儀なくされた慰謝料は余り認められない傾向がみられます。

それは、言葉を返すならば、離婚それ自体による家族を失う悲しみへの理解がされていない、ということになりますが、従来は認められていたものが、次第に認められなくなってきているのですから、自己で克服するべき、との意見が強まっているものといえます。

離婚協議も逃げられたらおしまい。

最近は、公的機関によるDV相談窓口が急増しており、女性のアクセスがしやすくなっています。そして保護命令はもちろんですがシェルターを経由された場合、協議離婚はほぼ女性側の言い分を飲む形でしか成立しないでしょうし、裁判所の関与の場合、シェルターを経由している場合には一定の有意性が女性には認められる運用になっていると思われます。ですから、調停や裁判を起こすことも難しくなりますし、実際上の事実関係よりも女性よりの事実認定をされてしまうことも多いという状況もあります。

結局、男性側の離婚協議はシェルターに入られるなど、相手方の強引の手段に出られると、一気にイニシアティブを握られてしまいます。

離婚協議については、財産分与が争点になることが多いといえますが、お金についてはとにかく管理を握っている方が強いといえます。どこかにある、でも証拠はない、しかし取り分はあるはず、ということでは相手が素直に出してくることがないといえます。男性の側としても、資産の管理場所などの調査は離婚問題が現実化する前にしておく必要があります。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所