離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚の手続き・流れについて > 過去の浮気を理由に離婚できる?

名古屋ブレイブハート法律事務所では、浮気を理由に離婚したいと考える方から多くの相談をお受けしております。そのなかには、過去に配偶者の浮気を見逃したことがあるという方もいらっしゃいます。このような過去の浮気を理由に離婚することは可能なのでしょうか。ここでは、過去の浮気を理由に離婚できるか、また慰謝料を請求できるのかという点についてご説明します。

過去の浮気は離婚原因として認められるのか

配偶者が浮気をした際に、「子どものために」、「一度目の浮気だから」などの理由から離婚を踏みとどまるケースは少なくありません。ただ、後々になってやはり浮気を許せないと思ってしまったり、配偶者への愛情が冷めてしまったりするケースもあります。

過去の浮気を理由に離婚する場合には、浮気を宥恕(ゆうじょ:相手に非がある行為を許すこと)したかどうかという部分が争点になります。もし、宥恕したのであれば離婚原因の1号、“不貞な行為”に該当するとしても、離婚を成立させることは難しくなります。浮気を黙認しただけでは宥恕があったと認められることはありませんが、婚姻関係が破綻していない、もしくは回復する見込みがあるとみなされれば離婚請求が棄却される可能性は高くなるのです。ただし、浮気が発覚して以来、夫婦の間に溝が生じたとなれば話は別です。例えば、鈴世さんとなるみさんですが、鈴世さんが、一時的な精神疾患からモラハラをするようになり風俗店に通いだすなどしたことから、悩んだなるみさんは、幸太さんと浮気をしてしまいました。これが鈴世さんに発覚し、なるみさんは、とても責められました。しかし、小さなこどもがいることや、なるみさんへの愛情は潰えていないことから、赦してもとの生活に戻ったのですが、離婚訴訟の場で、過去のなるみさんの不貞を持ち出し、慰謝料を請求してきました。この点、宥恕から時間が経過していると、それを理由に慰謝料は認められにくいかもしれません。ポイントは不法行為の時効である3年となるのではないでしょうか。

そのような場合には、離婚原因の5号、“婚姻を継続しがたい重大な事由”に該当するとして、離婚請求を行えます。その際には配偶者の過去の浮気の期間や具体的な内容、浮気発覚後から別れるに至ったまでの経緯が重要となります。それらの事情が“婚姻を継続しがたい重大な事由”として認められれば、離婚を成立させることができます。ただし、浮気の発覚後も同居を長く続けているとなれば、婚姻関係が破綻していないとみなされることがあります。もし、過去の浮気を原因に別れたいと考えるのであれば別居をするなど、客観的にみても婚姻関係が破綻していると判断しやすい状況を整えておくようにしましょう。

もちろん、一度は浮気を許したとしても再び過ちを繰り返すようであれば、1号の“不貞の行為”があったとして別れることができます。この点についても把握しておきましょう。

慰謝料は請求できるのか

過去の浮気を一度は許したとしても、精神的に傷ついたことには変わりありません。よって、慰謝料の請求は可能です。それは、“不貞な行為”、“婚姻を継続しがたい重大な事由”のどちらで争ったとしても同様です。

ただし、浮気があったと認められなければ慰謝料を請求することは難しくなってしまいます。配偶者が離婚に応じたとしても、慰謝料を請求されるとなれば浮気を否認する可能性もあります。そのような場合には、浮気の事実を客観的に証明しなければなりません。

慰謝料を請求したいと考えるのであれば、浮気が発覚した際の写真やメールなどの証拠を揃えておくようにしましょう。そうすることで確実に、そしてより高額な慰謝料を請求することができます。

名古屋近郊で問題を抱える方は当法律事務所へ

一度は浮気を許してしまったとなれば、離婚をすることは難しいと感じるかもしれません。しかし、過去の浮気を理由に離婚請求をすることは可能です。また、慰謝料を請求することも可能です。
もしも、名古屋や名古屋近郊でそのようなお悩みを抱えているのであれば、名古屋ブレイブハート法律事務所をご利用ください。名古屋ブレイブハート法律事務所が、お客様を全力でサポートいたします。上記の例でいえば、鈴世さんとなるみさんは、過去の浮気とモラハラで、争いをしていますが、別居前はいずれも浮気やモラハラをしていなかったので、不毛の争いといえるかもしれません。いずれにしても法律的フィルターを通して、法的に着想し、整理して離婚することが重要といえます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所