離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 裁判官は、アドラーの4分類では評論家にあたる?

 アドラーは、社会性という縦軸と行動力が伴うかという横軸で4つから5つのパーソナリティと整理しました。

 もっとも、共同体の利益への関心があるが、行動をしない人はいないとアドラーは考えました。

 しかしながら、評論家などは共同体には関心があるものの、いろいろな理由をつけて行動をしません。

 この点、社会性や共同体への利益があるというためには、行動が伴っていることがマストといえると考えられます。

 そうすると、社会に出ていかず、判決文を書いて評論をしている人というのは、アドラーにいわせると共同体感覚の持ち主とはいえず、私的論理で行動する人に位置づけられるように考えられます。

 共同体感覚は、行為で実践するものですが、知識レベルは高くても、実際にアクションは起こさない場合、評論家、行動しない人と分類できるのかもしれません。

 たしかに、大規模企業も横のつながりは余りありませんが、閉じられた世界で自己完結をしているとなると共同体利益への関心があるとはいえず、私的論理での行動と評価を受けざるを得ないかもしれません。

 そうすると私的論理での行動を招く可能性があります。

 こうした点につき、共同体の利益への関心があり、かつ、活動力がある弁護士が、実は私的論理に基づいているかもしれないアドラーの分析による裁判所への働きかけをしていくことになるのか、と著書を読んでいて考えるところです。もっとも、リーガルハイにも出てきた別府裁判官などは、検証をする、多数決をさせる、など具体的行動をする人で、社会的有用な人という評価となるような印象を受けます。

 常々感じるのは、感謝やねぎらいの言葉、相手を勇気づける言葉、人の心を和ませる笑顔、より多く与えることが、大事と感じます。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中村区名駅5-6-18-4 弁護士伊藤勇人(愛知県弁護士会) TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所