離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 内縁を解消して財産分与を求めましたが、内縁の夫に相続が始まってしまいました。

 約25年間、内縁関係を続けたところ、内縁関係を解消し財産分与調停を申し立てた内縁の妻ですが、相手方が死亡してしまった場合、財産分与請求権は、相続の対象になるのでしょうか。

 財産分与の調停・審判手続中に死亡してしまうということは珍しいケースといえます。

 一般的には、内容が不確定な債権は相続されるのか、という法的論点との関係で問題とされていると考えられます。

 内縁の場合は、死亡の場合は財産分与規定の準用はないということで確定判例がありますから、お亡くなりになる前に審判手続を起こしたらどうなるのか、というのが本件です。

 大阪高裁平成23年11月15日は、財産分与義務は協議や審判ではじめて発生させられるという説を前提とせず、当然に発生するとして、相続性があるかについては、この決定は、「審判中に死亡した場合、その財産分与義務が相続対象となることを否定すべき理由は存在しない」とするのみで、明示的に積極的な理由はありませんでした。

 基本的には結婚とパラレルに考えたものと理解されます。

 本件では最高裁平成12年決定で死亡の場合は財産分与の規定の準用はないとされているわけですが、本件大阪高裁では死亡間際であれば財産分与の対象となることを認めるということになり、「内縁関係が生前に解消していたのか否か」で結論が全く、とても大きく異なることになります。

 今後、内縁の妻を保護するため、死期が迫った場合には内縁関係を終了させる例が生じる可能性が起こることも考えられます。

 もっとも、本件は、25年間連れ添った内縁の妻を保護したものとして、結論において妥当であると考えられます。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所