離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 調停委員もひとさまざま

 名古屋の離婚弁護士のコラムです。

 調停というと民事調停もありますが、離婚調停も多いと思います。

 むしろ離婚調停を思い出されることが多いかもしれません。

 「調停では、声の大きいほうが有利なんだって」という話しを聴いたことはありませんか。

 これは、理路整然とはっきりと順序立てて合理的に物事をいえる方が有利、という意味かもしれません。

 また、地方では地元の名士などが調停委員になりはっきりいって民法はおろか道路交通法もよく知っているのか怪しい人もいらっしゃいます。

 以前、経営者の離婚調停をしにいったことがありますが、「お互いあの調停委員はダメだね」ということで意見が一致したことがありました。

 多くの会議を司会される経験がある方なので進め方がダメということで離婚の成否とは別に、そういうこともあるということになります。

 ただ、あまり法的論点を理解していない調停委員の場合「この調停委員には分かってもらえない」と思う気持ちになる場合もあります。

 調停委員は交代が原則としてありませんが、終始不公平という状態が続くのであれば、弁護士代理人をつけて流れを変えることから始める必要があります。もっとも、登録半年のずっと黙っているだけの弁護士を連れて行ってもそういう場合はあまり意味がありません。「調停弁論」と呼んでいますが、弁護士は何でも書面に書いてしまうので、口頭で言いたいことをはっきりと順序立てて弁論ができる人は意外と多くないものです。このため、特定の弁護士は話し合いがまとまりそうでも、すぐに裁判にしたがる弁護士もいます。なぜなら「調停弁論」が苦手だからです。

 また、一生に一度しかない離婚と思えば、調停離婚はあきらめて裁判で和解が成立することもあります。こうした点を考えて妥協できないところを譲るのは止めましょう。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所