離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > ハーグ条約に基づく子の返還請求がなされた場合

典型的には、アメリカ人夫と日本人妻の夫婦が離婚し、妻が子どもをつれて日本に帰国して、名古屋にいる、というようなケースです。

ハーグ条約は子どもの返還自由に該当する場合は子の返還を命じるものとして、日本法も整備されています。

・16歳未満
・子どもが日本国内にいる
・申立人の有する子の監護についての権利を侵害するもの
・連れ去りの際、日本が条約締結国であったこと

です。少しまとめています。

この場合は原則的に返還が命じられることになります。

この点は、6の拒否事由がありますが、一切の事情を考慮して、返還を命じられることがあります。

管轄は、びっくりですが、名古屋に住んでいる場合は東京家庭裁判所が管轄裁判所になります。大阪の方が便利だと思うのですが・・・。

審理の細かい内容は、次の機会に書くことにいたしますが、子の返還が命じられれば、強制執行は間接強制、代替執行の方法によることになります。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所