離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 子の奪い合い-ハーグ条約と国内事案への影響

 ハーグ条約は、国境を越えた不法な子の連れ去りが行われた事案に適用されるものです。

 しかし、これら制度設計は、日本の国内事案における子の奪い合い紛争にも少なからず影響を与えるのではないかと考えられます。

 とりわけ母親による子どもの連れ出し別居については、ハーグ条約の枠組みを前提とされれば禁止されるべき自力救済にあたると考えられます。

 従来は子連れ別居に日本の裁判例は寛容であると評価されてきました。しかし、ハーグ条約においては、子の奪い合いの際の裁判所の判断基準を変えるものと考えられます。

 しかしながら、監護の開始における違法の問題は考慮されるべき重要な事情であるが、それだけで事が決められるわけではありません。

 現在は、子連れ別居をすべて違法と評価することはできないというのが家裁実務といえます。このことからハーグ条約により考慮要素として監護開始の違法という考慮要素が加わると考えられますが、全体の総合評価という考え方は異ならないと考えられます。しかし、新たな考慮要素が加わることにより、監護者指定や子の引き渡しの審判に影響が生じると考えるのが妥当ではないかと解されます。

 また、ハーグ条約は原則返還となると解されるわけですが、返還拒否事由として「重大な危険」の抗弁があります。つまり、子を返還することにより、子が身体的もしくは精神的な害を受けており、またはその他子どもを耐えがたい状態におくことになる重大な危険があること-である。

 逆にいうと、これまで子の福祉の観点から結局継続が重視されてきましたが、「重大な危険の抗弁」という考え方が注入されることにより、継続性の抗弁に影響を与えるものではないかと解されます。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所