離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 当事務所で暴力を原因に婚姻費用が信義則に反するとの判断が示されました。

名古屋家裁は、「別居の原因が専ら又は主として婚姻費用の分担を求める者にあることが明らかであるなど特段の事情がある場合においては,その請求は信義則に反するものというべきである」との規範を定立している。このような規範定立は珍しいといえます。

大阪高決平成28年3月17日判タ1433号126頁が,「夫婦は,互いに生活保持義務としての婚姻費用分担義務を負う。この義務は,夫婦が別居しあるいは婚姻関係が破綻している場合にも影響を受けるものではないが,別居ないし破綻について専ら又は主として責任がある配偶者の婚姻費用分担請求は,信義則あるいは権利濫用の見地からして」,有責配偶者からの請求は認められないと判示したものである。また,大阪高決平成25年9月20日平成25年(ラ)第799号は,夫婦は,別居中であっても,別居の原因が専ら又は主として婚姻費用の分担を求める者にあるなど,婚姻費用の分担を求めることが信義則に反するといえるような特段の事情がない限り,他方には婚姻費用分担義務がある,として特段の事情が認められる場合,婚姻費用分担義務は否定されるとしている。
(2) 夫婦は,婚姻中いわゆる生活保持義務としての婚姻費用分担義務を負うが,別居に至った原因が,専ら又は主として権利者のみに存する場合には,権利者の分の婚姻費用分担請求は信義則に反しあるいは権利濫用として許されないと解する裁判例である。(東京高決昭和58年12月16日判タ523号215頁,福岡高宮崎支決平成17年3月15日家月58巻3号98頁,東京家審平成20年7月31家月61巻2号257頁)

2 権利者の有責性は実体判断
 婚姻費用の分担額に影響するため,婚姻費用分担請求事件においては,しばしば義務者側から権利者の有責性を主張して婚姻費用の支払を拒むケースがみられる。有責性の内容としては,不貞が最も多い。本件は暴力についても有責性を基礎づける事情としての判断を示した初判断を示したと思われるケースと解されるところで、実務上の参考になると思われます。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中村区名駅5-6-18-4 弁護士伊藤勇人(愛知県弁護士会) TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所