離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 親しき仲にも礼儀ありの意味

フランスの哲学者モンテーニュは、夫婦の仲というものは、あまり終始一緒にいるとかえって冷却すると述べている。

なぜ一緒にいるのに冷却するか、といえば、長くいればお互い油断してだらしなくなり、相手がそこにいることすら意識しなくなり「空気」になってしまうからかもしれない。

いつも自分本位で、そんな自分が、相手にどう映っているということすら配慮ができなくなってしまう。そこで、ずうずうしいと評価されたビフェイバーに相手が幻滅するのは当然ともいえる。

このことは、友人関係や仕事関係の仲間に安易に自己流を持ち込んではいけない、ということかもしれない。

調停でも、弁護士でも調停委員でもない研修生(司法修習生)が一番服装を乱していることがあった。別に弁護士は、研修生のお友達でもないし、依頼者も正装している場合は不愉快に思うだろう。

礼儀やマナーというのは微妙な問題で、そこから葛藤を生じることもある。だから不作法を注意されたときは、ありがたいと思う感謝の気持ちが必要かもしれない。

それ以前に礼儀やマナー違反をしないように、自己研鑽をしていく必要があるのだが、自分と向かい合うという作業は面倒くさい作業ゆえ、それができないものなのだ。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所