離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するニュースなど > 別居中の子連れ別居の強行とその後の解決に与える影響

 そもそも、父母間の葛藤が強くなく、一方が理性的である場合は子連れ別居など相手方の承諾なしに別居を踏み切ることはこどもに対する虐待行為になりますし、紛争の激化を招くので相当ではない場合もあります。

 我が国では9割が協議離婚で、面会交流もルールを決めずにこどもが意思に基づいて自由に行き来しているというケースも少なくありませんし昔はそれが普通でした。地方の離婚案件の依頼を受けましたが、名古屋では大きな問題の一つの面会交流も、母親は「別に再婚する予定はないので、自由に来てもらって帰ってもらって構わない」と鍵まで元夫に渡している例もありました。この元夫は、母親の家に行き、こどもと一緒にお風呂に入ったりして、再び自分の家に帰っていくという生活をしていました。この元夫は非常に忙しい人ですから、月1回数時間というルーチンでは父子の絆が切れてしまうという考えもあったのかもしれません。このように父母のこどもに対する関わり方は量的なものととらえるとこどもは忠誠葛藤や心理的負担に悩まずにすみます。

 子連れ別居をされたことで、9割が協議離婚しているわが国で協議離婚の目がなくなる、あるいは紛争が激化し離婚訴訟まで2年も3年も紛争を抱えた状態になるということは、よく見通したうえで判断する必要があります。

 こどもは監護の安定が原則ですから、こどもが現在の幼稚園を変わったり居住場所を変えたりすることは、裁判所には意識されないことが多いですが世界的には、子の福祉侵害行為と考えられています。別居するにしても、面会交流についてきちんとルールを決めて共同監護の状態を構築してから別居されることをすすめます。しかしながら、現在、共同監護を実現できるほどの斡旋ができる調停委員はほとんどいません。また、弁護士も共同監護という頭がなくこどもを主たる監護者である以上連れ出すということに重点を置く弁護士が多いことから、父母間で話し合いをしつつ調停も行うということが理想といえます。

 こどもを連れて行かれた方の親からすれば、突然こどもを奪われたも同然ですから、当然激しい対立感情を抱き、取戻しにいったところ警察を呼ばれさらに葛藤を高めるということをするケースもあります。ですから葛藤を高めず、前向きに話し合っていきたいというオーダーを弁護士に伝えておく必要があります。

 そうなると、親権問題はもちろん、面会交流や金銭問題はもちろん、その他の親族から貸金返還訴訟まで起こされるなど全面的な中傷合戦になることがあります。

 こうなると、一番の被害者はこどもです。こどもにとってはどちらも親であり、夫婦ケンカはしていても離婚ということまでは思い至っていないことが少なくありません。
 
 驚いたことがありました。名古屋家庭裁判所の元家事調停官(裁判官)である女性弁護士が、こどもによればこどもの連れ去りに同行し、未成年者に対し「もっとママがいい」「ママもっと」とパパの前でいいなさいと、こどもを洗脳していた事例もありました。この元家事調停官は、「男性に育児は無理」などと準備書面に書き、かつ、フルタイムであることを理由にしていましたが、仕事をしていることでこどもとの関係を断ち切られるという考え方は、哲学や精神医学の観点から重要な問題を提起するものだといわざるを得ません。この弁護士の見解によれば、多くの女性弁護士たちも、「育児は無理」といっているに等しく元裁判官の認識でもこの程度のものであるのか、ということに驚かされます。

 こどもは元裁判官からそのようにいわれ「悲しい気持ちになった」と話していましたが、元裁判官ですらその程度の認識なのです。

 そもそも、別居自体がこどもを紛争に巻き込む行為であるということをそれぞれはよく理解しておく必要があるように思います。

 別居時には、こどもの養育費、学校の転校、健康保険証など相手方の協力が必要なケースもありますが、自分で葛藤を高め話し合いができない状態にしてしまったため、交渉に応じてもらえないというケースもあります。

 こどもに全く影響を与えずに別居することはできないにしても、環境を変えることになるのですから、こどもの負担を軽くするようにする必要がありますし、また、相互に無用の争いを招くことは許されません。そもそもこども自体が人権享有主体性は持つのであって、ある裁判官のように「こどもの幸せは裁判官が決めます」というような驕り高ぶった考え方では離婚紛争は解決できないのであって、いかに量的な問題としていくことかが大事です。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所