離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 熟年離婚に関すること > 名古屋市の離婚専門弁護士ブレイブハートの30歳代離婚相談

名古屋市の離婚専門弁護士ブレイブハートによる30代専門離婚相談室

名古屋市の離婚専門弁護士ブレイブハートの30歳代のための離婚相談

 30歳代を迎えたみなさん、30歳の方もいれば39歳の人もいるかもしれません。
 30歳代という年齢の流れが人生のターニングポイントになる大きさに驚いている人もいるかもしれません。20歳代は、付き合いの中心も友人でしたが、30歳代になると、付き合いの中心は家庭内となる方も多いかもしれません。また、20歳代の友人と徐々に疎遠になってきた方もいるかもしれません。

 30歳代というのは、20歳代とは異なり、人生がダイナミックに変化をしていくときではないでしょうか。久しぶりに友人にあっていても20代ではそれほど差を感じることはありませんでしたが、30代になると結婚していて、生活レベルや趣味の方向性から教養レベルに差が出てきます。また可処分所得の差によって話題がかみ合うかどうかも異なってきます。

30歳の離婚として取り上げていますが、生涯を通して離婚率が一番高くなるのは30代です。セックスレスや不妊治療による夫婦間ストレスの増加、産後クライシスに伴う夫婦関係の破綻や不倫が目立つようになるのも、30代からです。

 実は、30代の中絶は約7万件、10代の1.7万人の約4倍です。30代は、こうした当事者の心身・公私ともに多大なダメージを与えるイベントが押し寄せる時期で、余裕を失われてしまう方もいます。しかしながら、30代を超えた男女に対する性や結婚、離婚を含む情報や指針を学び、悩みや葛藤を共有する、シェアする場所はほとんどありません。しかし、30代の離婚や不倫は、自分だけの問題だけではなく、家族、配偶者、こども、職場を巻き込んでしまう場合もあります。

 離婚にしても、不倫にしても、アディクション(依存)がありますが、その反対はコネクション(公共とのつながり)ともいわれています。敷居が高いと思わず弁護士とコネクションを持つのも、コネクションの一つでしょう。本来はアディクションとならないのが良いのですが、仮に陥ってしまった場合、30代は新たなコミュニティ(友人)を作るのが難しい世代ともいわれます。そこで、離婚や不倫のダメージを最小限にするために弁護士とコネクションを持つのも、最善の一手にいなるかと思います。

弁護士伊藤勇人と院生伊串くんとのパースペクティブ
院生 :僕は院生なので23歳なのですが、ライブにいったり映画にいったり研究したり毎日が楽しいです。また、ときどき会う友人と最近いった映画、ライブ、小学校や中学校の話しをするのも楽しいです。
弁護士:そうですね。20歳のときは僕も同じような感じでした。また、お酒を覚える時期でもありますしね。
院生 :先生もお酒を覚えたのですか。
弁護士:立命館にいるとき、バーでアルバイトをしていて、そのときお酒の種類とか、ある程度。
院生 :ワインも好きですよね。
弁護士:ワインはコストがあるのでバーでは飲み残しはなかったし、社会人になってから覚えたかな。新しいことを吸収するのはワクワクするよね。
院生 :30代になると新しいことを吸収しなくなるのですか。年齢を重ねるって嫌だなあ。
弁護士:そんなことはありません。素敵に年齢を重ねている方も多いですよ。やはりいつまでも新しいことに挑戦し続ける人は、40代、50代、極端な場合70代でも魅力的な方がたくさんいますね。
院生 :同窓会の雰囲気とか変わりますか。
弁護士:そうですね。20代のころは一緒にクラブ活動をしていたとか、話しの内容もロックライブフェスタとかライブにいったとかそういう内容でも良いので、学校の交友関係の延長線上ですよね。ただ30代になると、特に意識していないのですが学校の交友関係がなくても、サラリーマン同士とか、課長などマネジメントクラスの人たち同士、医師・歯医者・弁護士・経営者のように開業していたり高度専門職として職人性を持っていたりする人たちで集うようになりますね。女性ですと結婚している方、そうでない方でキャリアの方、そうでない方、こどもがいる方、そうでない方といった集い方もあるかなと思います。
院生 :なんか、格差社会みたいですね。
弁護士:そこまでいえるか分からないけれど、たしか島耕作の漫画でもそういうことが描かれていたように思います。60代の同窓会だと社長になっている人もいれば、無職という人もいて、大きな差があるのです。それは「社会が悪い」というよりも、それぞれの生き方の集積だと思いますので、それぞれを尊重すべきものかなあと思います。
院生 :夫婦の中でもそのような現象は起こるのでしょうか。
弁護士:そうですね。クラスの同窓会がそうであるように、夫婦でも20代の空気感や生活レベル、ビジネスやこどもに対する意識・価値というのは、30代になると変わっていきます。ですので、30代というのは価値観の不一致というのがもっとも表面化しやすく、限りある時間の中で舵を取り直すのに、「30代しかない」と考える人は多いですね。
院生 :20代は理想主義ですけど、30代は現実主義ともいえそうですね。
弁護士:そうですね。理想と現実の境界線が濃くなります。

価値観の不一致という便利な言葉があります。離婚をする際のものです。しかし、対外的な説明としてとても便利なのですが、内省的な人の場合、「同じような幸せ」を共有できているかがポイントです。そして、不幸は「同じような不幸」というのはありません。不幸というのは個別性が強いのです。だから寄り添えるかがキーになりますね。
 具体的には、お互いに子育てにコミットできるか、こどもができない場合それをお互いに受け容れられるか、こどもの人数にお互い同意しているか、セックスに対する価値観はどうか、仕事に拘束される時間や仕事を生きがいにしている相手方に寄り添えるか、反対に趣味や家庭生活を大事にしたい、仕事に汚染されたくないという相手方に寄り添えるか。お金に対する価値観は会うか、他に素敵な人に出会ってしまったらどうするのか、互いの親との距離感をどうするのか、社会的な社交(家族会やパーティーへの帯同)に対する価値観が合わない―といったところでしょう。

院生:こうしてみると性格の不一致とか、価値観の不一致でたくさんあるのですね。
弁護士:性格の不一致などは対外的説明としてお互いの波が立たないのだと思います。
院生:こうしてみると、先ほどの同窓会の話しが家庭内で起きているような気がしますね。
弁護士:そうですね。まさにパースペクティブ=物事の観方や物事との遠近感が異なってくるのですね。性格は同じだとかえってどうかなと思うのです。オシドリ夫婦というのは、性格が真逆という例も多いですからね。問題は、そうした価値観の齟齬が生じてしまい、それは30代だとなかなか解消できない、ということですね。
離婚というとネガティブな言葉だと思うのです。でも、考えてみると一回の人生で20代に選んだパートナーと一生添い遂げなければならないというのも不合理な感じがしませんか。長い人生の中で、当然、人は変わらないものもあるし、変わっていくものもあります。
そういう中で離婚をポジティブにとらえなおす必要があります。そして、上手に離婚という形でパートナーシップを解消できれば、次の人生へのステップを踏み出しやすくなります。私の先輩が、「人生は10年単位で考えないといけない」といっていました。そうすると、稼働年齢や健康年齢が60代までとすると、10年単位でしたいことを今、思索してみると、30代の人は、40代から数えて、40、50、60の3つしか新たなことができないということになるのですね。こういうように考えると時間は有限なんだ、ならばワクワク、あるいは、静謐に暮らしたいとか、その人の等身大に合わせてあげる必要が出てくるのです。
なぜなら、自分をわかっているのは自分だからです。自分の親権者は実は自分なのですね。

30代の離婚でも、ステップを誤ると離婚しにくくなります。

院生 :30代で再出発をするのを難しくする離婚もあるのですか。
弁護士:そうですね。「弁護士に相談しましょう」と書いてあると宣伝と受け取られる気持ちもあるでしょう。ただ弁護士は「ゆりかごから墓場まで」の人生の節目、節目に生じるトラブルに立ち会っています。また、接している人たちの数は500名を超えるという人も多いでしょう。そういう意味で、「人の専門家」であることはそうだと思うのです。法律事務をしていると自然と知見が集積されていくのですね。
院生 :離婚している友達だと進学を断念した人もいましたが、正直いうと僕は理系の国立大学にいっていて勉学優先のため、多少のお小遣い+アルバイトでやっているので、そういう友人とは少し距離ができました。
弁護士:離婚にあたって慰謝料や財産分与などを求めることができるのですが、日本の離婚の80パーセント以上は協議離婚です。つまり親権者のみ取り決めをすれば離婚できるのです。結果、慰謝料、財産分与、養育費などをつかえないまま離婚してしまう人もいます。
院生 :反対に法的に妥当であれば仕方がないのですが、相手にいわれるがまま高額な養育費や慰謝料を約束してしまう人もいますよね。僕も友人の女の子が、不倫をしてしまって奥さんから500万円を請求されて公正証書にされてしまったケースがあります。
弁護士:公正証書は公証人が何かしてくれるというわけではなく、金銭債務の強制執行ができるというにすぎないですね。公証人が裁判所のような錯覚に陥るケースもあるので、その前に弁護士に相談して欲しいですね。
院生 :離婚するのもエネルギーを使いそうですからね。「もういいや」ってなってしまう可能性が僕もあるかな、と思います。
弁護士:「もういいや」となる前に法的に妥当な離婚をするにしても、求められるにしても離婚事件に詳しい弁護士に相談することがとても大事ですね。

30代になったあなたは「やりたいことをすべてやる時間はもうない」と気づいているのではないでしょうか。30代になると家庭生活に対する現実と理想の境界線も濃くなるのです。素敵な人にめぐりあってもすぐにパートナーチェンジをして結婚できるわけではありません。また、こどもについても持つのか、持てないのか、という理想と現実の境界線が濃くなる時期です。そうしたところにいろいろな不具合が生じる、離婚もその一つといえるかもしれません。

 40代になってしまうともう離婚するだけの体力がないかもしれないと現実的なメンタリティになるかもしれません。20代はまだ夢みる人生を過ごして理想と現実の境界線はとても薄いのです。

 仕事と家庭は人生の両輪といえるかもしれません。パートナーチェンジといっても基本的には1回限りのチェンジということになることが多いので後悔のないようにする必要があります。30代にどのような配偶者がいるかは、残りの人生の幸せ度、豊かさ度を決めるといっても良いと思います。そして、30歳代までにパートナーチェンジ=離婚しない人は、再婚することは難しいでしょうし、30歳までにこどもを持たない人はそれ以降にこどもを持つ可能性は低いといえます。

 離婚といえばネガティブなイメージが先行します。そして弁護士のもとにいくと、まずは「法定離婚原因が必要です」とか「有責配偶者なので離婚が難しい」など色々難しいことを聴かされます。

 私は「60歳になったとき、2人でしあわせな家庭であり続けるイメージを持ち続けることができますか」と尋ねることがあります。過去に問われて、まだ来ない未来を恐れて現在を苦しんでいる人は、この問いに大いに戸惑われる方もおられます。しかし、過ぎ去った過去に過度にとらわれ続けるのはよくありません。また、まだ来ない未来を過度に悲観する必要もありません。

 よく男性からも女性からも、「こどもが生まれたら、あの人はきっと変わるはず」「自宅を出て新居を構えれば、アイツもきっと変わるはず」といった期待をよく耳にします。しかし、過去と他人は変えられないのです。特に30歳代にまで年齢を積み重ねてくると性格や行動はそう簡単には変わりません。よく聞くのが以下の「変わってほしい」点ですが、30歳代は性格の形成を終えていますので、長い時間と人生を積み重ねてきたものを簡単に崩すことはできないのです。

◇浮気をやめてくれる
◇ギャンブルをやめてくれる
◇DVなどの暴力をやめてくれる
◇悪口などのモラルハラスメントをやめてくれる
◇浪費をやめてくれる
◇新しいキッチンができたら家事の怠慢をやめてくれる

たしかに、内的モチベーションはスポーツ心理学からいっても、こどもや家を建てると高まるかもしれませんが、性格や価値観を変えるほどのものではありません。スポーツの試合のように長くても3時間で結婚生活は終わらないのです。かえって、こどもを安易でよこしまな思惑でもうけたり、住宅ローンをかかえたりすることにより、離婚が困難になることがあります。

よくこどものため、こどものためと呪文のように唱えている方もいますが、破綻した家庭で育てられるこどもも辛抱をせまられているのです。

どうしても合わない、無理と思えるときは、悲しみを深めていく前に、変える努力をして、違う道を歩むべき、それぞれ距離があった方がこどもを幸せにできると前向きにとらえて、次のベイビーステップへと進んでもらいたいいと思います。小さな一歩を踏み出すと意外と軌道に載るのは早いといえます。

30代で感じたこと、決めたこと、行動したことが、60歳の自分を作ると考えましょう。

主な離婚相談のポイント
 ■5年後、10年後という長いスパンで一緒に寄り添いながら2人でハッピーな家庭を築いているイメージを描けるか
 ■過去と配偶者の性格は変えられない。変えられるのは、未来と自分の行動だけ。むしろ夫婦というパートナーシップをどうするかという問題と考える。
 ■配偶者より好きな人ができた場合のパートナーチェンジ=離婚
 ■こどもについての価値観の不一致からのパートナーチェンジ=離婚

ブレイブハートの代表弁護士の弁護士経験を活かして、事務所の理念に基づいて、30歳代のみなさんの離婚相談等を通じ依頼者の不安や悩みを解いて幸せを増やす愛知・名古屋への社会貢献を目指します。
変わるなら30歳代のうち、という方を応援する依頼者の方のパートナーの弁護士として、離婚紛争を解決することを通して依頼者の幸せを増やすお手伝いをさせていただくとの考え方で、愛知・名古屋の離婚・男女問題に特化して60分無料離婚相談を行っております。

60分無料離婚相談・離婚相談所事務所情報

弁護士事務所名 名古屋ブレイブハート法律事務所
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅5-6-18-4
弁護士 伊藤 勇人,その他弁護士を含む法務事務局3名
電話 052-756-3955


大きな地図で見る

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所