離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 面会交流 > 面会交流に応じてくれません。

 面会交流調停・審判で正当な権利として、面会交流の権利を確保しておくことが必要です。

 そのうえで面会交流は強制執行を行うことができませんから、何が面会交流を妨げているかを重点において話し合いを重ねることが重要です。

 たしかに審判に移行するのも良いですが、面会交流は裁判官などから指摘されている以上に、監護親と非監護親との間の信頼関係が最も重要です。

 このようにいうと子の福祉や子の気持ちはどうなるのか、という意見もあるかもしれません。しかし、ある程度の年齢になりますと、子どもは自分の意思で会いたい場合は、面会を要請してくることもあります。問題の多くは、中学生以下の場合といえると思います。

 この場合、面会交流を妨げている原因の除去に努めるべきかもしれません。

 こうした点は相手に代理人弁護士がいる場合は、面会交流は子どもが別居親から愛されていることを実感する場で重要、面会交流は子どもが自分のルーツに接する場所、子どもが成長するペースに合わせて、子どもの成長とともに面会交流は変化する、といった意義を強調することが大事のように思われます。例えばある俳優さんなども、小さいころに父親と死別して理想の父親像を考えることが趣味、死別した父親と同じ大学や企業に就職するという行動を起こすこともあります。なのでルーツ、父親の姿、考え方、尊敬に値するか、社会人としての振るまい方などは父親から学ぶことの方が多いと思われます。

 たしかに、子どもというのは、片親の場合は、他方親のことについてルーツを考えて、成長の際に悩むものです。したがって、なるべく面会交流は実現することが望ましいのですが、子どもの幸せだけでは面会交流を実現することはできません。ですから、離婚しても元夫婦間の信頼関係の維持に努める必要が出てきます。それができないと、なかなか面会交流は、実現できないので、意義の理解不足に起因していることが多いので、誤解を解くように努力をするように双方の親にもお願いしたいところです。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所