離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 面会交流 > 面会交流の受渡時の精神的負担について

面会交流についてですが、こどもの受渡時についてはエフピックを使わない限り原則、父母が「再開」してしまうことになります。

葛藤が低い父母の場合は問題がないと思います。

とはいうものの、葛藤が比較的高いケースにおいても、名古屋高裁金沢支部平成28年4月11日平成28年(ラ)第33号は、「相手方も、面会交流の実施そのものには反対していないし、日時等の連絡調整に伴う精神的負担を甘受せざるを得ないことは、監護親である以上、誠にやむを得ないことである」と指摘し監護親であることに通常伴う義務と受け止めているようです。

父母の確執については「子の福祉とは別個の問題」とも指摘しています。そして、「成功実績を積み上げて不安の解消を図るほかない」とも指摘し、相手方は申立人である面会交流親の過去の問題点を縷々指摘しても有益な結果を得られないと指摘しています。




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所